ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ネクスト経済研究所 > 未分類 > グレートローテ―ション

グレートローテ―ション

2013.03.17 15:00

ニューヨーク株式市場では、ダウ工業株30種平均が

17年振りの10日連騰を記録した。

 

週末は小幅反落したが、4週連続で上昇を記録し、

史上最高値を更新中。

 

17年前、即ち96年と比較すると、

①議会と政権が予算を巡り激しく対立していた、

②経済は回復軌道にあり、FRBも金融緩和をすすめていた、

というこの2点において同様である。

 

当時グリーンスパンFRB議長は、「根拠なき熱狂」との警句を発したが、

その後、インターネットなどの技術革新により、3年に渡り続伸した。

 

 

今回、米国の株高については、FRBによる3度に亘るQE政策の

緩和マネーによるもので、根拠が乏しいとの懐疑的な見方が強い。

 

しかし、年初の「財政の崖」問題を乗り越え、国債から株式への

「Great Rotation(大転換)の到来」との声も上がりつつある。

 

その背景には、「シェール革命」があり、安価なエネルギーが米産業の競争力を

高めることと中東依存の地政学リスクの減少への期待感がある。

 

2013年後半にかけ、FRBの出口戦略への議論が高まると予想される。

 

このような状況で、エネルギーの安価そして安定的な供給により、

インフレなき成長がもたらされるならば、低金利(高値)にある国債から

株式市場へのグレート・ローテーションの本格化と株価の更なる上昇の可能性が高まる。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二  NO.103

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント・ピンバック

コメント・ピンバックはありません。

コメントフォーム

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」