ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ネクスト経済研究所 > 未分類 > 米国雇用情勢

米国雇用情勢

2012.10.08 08:49

11月6日の米国大統領選まで残すところ1か月を切った。

両候補とも終盤に至りオハイオ、フロリダなど接戦州での

勝利に凌ぎを削る。

 

過日の第1回TVと討論会でロムニーが圧勝したが

2日後に発表された雇用統計は失業率が7.8%へと3年半振りで

8%を割り込みオバマが盛り返した。

 

これからも、両候補者にとっては一喜一憂する日々

が続くことになる。

 

 

今回選挙の最大の争点は雇用問題。

オバマ政権下での新規雇用者数は500万人にとどまり、

失業者に更に非公式に職を求めている人なども加えると2000万人に上る。

 

共和党・ミット・ロムニーは、この現実へのアンチテーゼとして、

「強いアメリカ」を掲げ、1200万人の雇用創出を訴える。

 

 

果たして国民はどちらを選択するのか。

既に期日前投票は始まっている。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

NO.84

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント・ピンバック

コメント・ピンバックはありません。

コメントフォーム

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」