ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ネクスト経済研究所 > 未分類 > 長期金利低下

長期金利低下

2012.05.31 17:57

欧州不安が嵩じ、株式市場から国債マーケットに

逃避資金が流れ込み、日米独の長期金利は下落している。

 

日本の10年債は、0.81%と8年11ヵ月振りの水準。

米国10年債は、1.67%と9ヵ月振り、更に独は1.26%と史上最低の水準。

 

この背景は、ギリシャに端を発した債務危機がスペインの金融機関に伝播。

大手銀バンキアの救済問題に疑心暗鬼が高まっている事。

 

 

現在の世界経済を不安に陥れる震源地である欧州について、

注目点は次の2つ。

 

①ギリシャ問題がスペインに波及するか。

それとも防火壁が築かれるか。

 

②財政危機が金融危機に拡大するか否か。

 

 

ドイツ、ECB、IMFの対応が注目される。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

NO.66

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント・ピンバック

コメント・ピンバックはありません。

コメントフォーム

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」