ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ネクスト経済研究所 > 未分類 > 家電再編開始

家電再編開始

2012.03.29 06:45

シャープは電子機器受託生産で世界最大の台湾企業、

鴻海(ホンハイ)精密工業と資本・業務提携した。

今後同社がシャープの筆頭株主となる。

 

液晶パネルのシンボルだった堺工場。この間、稼働率は急激に落ちていたが、

この半分を譲り渡し、代わりに1300億円を調達し、一息ついた。

 

これらが好感されてシャープの株価はストップ高となっているが、

今やアジア企業に敗れ、救済されようとしている事は歴然。

 

 

鴻海(ホンハイ)はアップルのIPHONE、IPADの大半を受注し、

中国で100万人規模の工場を有す。アジアではサムソン電子などに次ぐ大型企業。

 

アジアの大手家電業界を見ると、M&Aで拡大しアジアの巨人となったサムソン電子と

比較すると、時価総額では台湾積体が40%、鴻海(ホンハイ)は20%。

一方日本企業は、パナソニック、ソニーが12%、シャープは4%に止まる。

 

収益で言えば、韓国、台湾企業が数千億円単位の黒字。

一方日本企業は数千億円単位の赤字と彼我の差は大きい。

 

 

今や日本を代表する家電メーカーは完全に

アジアマーケットから脱落しようとしている。

 

今後韓国・台湾・中国などアジア企業を

巻き込んだ再編が進むことは必至である。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

NO.50

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント・ピンバック

コメント・ピンバックはありません。

コメントフォーム

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」