ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2018年4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

薄型テレビ

2012.03.19 06:13

薄型テレビの値崩れは止まらない。

 

かつてはインチ1万円と言われたが、今やインチ1千円を切るに至り

かつてのブラウン管テレビ並みとなった。

 

普及率が9割を越えては需要が付いてこないのは

やむを得ない状況である。

 

お蔭でパナソニック、ソニー、シャープ3社の今季業績見通しは

1兆3千億円と巨額の赤字となっている。

 

今後の経営の立て直しは急務で、3社は社長交代。

新たな戦略を求める。

円安ウオン高の追い風も利用したいところである。

 

 

特にシャープについては、これまで液晶に全面依存してきたが

この一本足経営から抜け切れるかが注目される。

 

太陽光パネルは価格崩落およびシェアーダウンの大打撃、

また電子リーダーはガラパゴスシリーズも完全に失敗した。

 

脱液晶パネルが出来るのか?

シャープの再生は3社の中で最も厳しいかもしれない。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤洋二

NO.47

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント・ピンバック

コメント・ピンバックはありません。

コメントフォーム

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」