ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

国際収支

2012.02.09 07:00

2011年の国際収支統計が発表された。

 

日本の海外とのモノ・サービスの取引状況を示す

経常収支の黒字が9.6兆円と大幅に縮小した。

 

貿易収支が円高とLNG(天然液化ガス)の輸入増大により

48年ぶりの赤字へと転落したことによる。

 

ただ海外から得る利子・配当など所得収支が依然大幅な黒字を

計上しており、海外旅行などの「サービス収支」を含めた

経常収支は当面黒字が維持される見込み。

 

 

 

日本の国債発行残高は1000兆円を越え、

財政赤字は対GDP200%超とギリシャを圧倒する。

 

しかし、これまで日本国債がトラブルなく引き受けられて来たのは、

その大半が国内の貯蓄で賄われている事による。

 

今後、経常収支が赤字に転落すると、

海外投資家への依存度が高まり不安定化する。

 

万一の経常赤字の到来を前に、政府は財政基盤の整備を進め、

国内外投資家の納得を得る努力が必要である。

 

さもなくば欧州諸国のような財政危機に陥る事になりかねない。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

NO.35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント・ピンバック

コメント・ピンバックはありません。

コメントフォーム

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」