ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2013年11月
« 10月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

世界同時株高

2013.11.23 12:29

NYの株式市場(ダウ工業株30種平均)は16,000ドル超えと

市場最高値を更新した。

また日本では日経平均株価は15,500円と本年5月以来の高値に達した。

 

さらに欧州でもドイツ株式指数(DAX)が市場最高値水準、そしてフランス株価指数(CAC40)も

5年振りの高値と主要国では世界同時株高の状況となっている。。

 

 

この背景には、各国の企業収益の改善が挙げられ、PERも低い水準にあるとして

現在の株価そして上昇相場を正当化する向きも多い。

 

ただ各国の量的金融緩和政策による緩和マネーがあるのは明らか。

「業績相場」と言うよりも「金融相場」と言うのが妥当ではないか。

 

先日のイエレン次期FRB議長の「テーパリングの開始時期は決めていない」との

発言も市場をよりブルにしたのは明白だ。

 

 

既に2103年は米国では1200ドル以上の上昇、またアベノミクスから1年で

日本では80%の上昇となっており、バブルとまでは言えなくとも過熱感は拭えない。

 

17世紀オランダのチューリップ・バブル、18世紀英国の南海泡沫事件、

20世紀日本の平成バブル、そして21世紀米国のITバブル。

 

これらの歴史を振り返れば、渦中にいると気づかないものだ。

もはや売る材料が見当たらない、と言った時こそ要注意ではないだろうか。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤洋二

NO.114

 

 

 

 

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」