ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ねじれ議会

2013.10.11 06:00

「ねじれ国会」「決められない政治」は日本の専売特許のはずだったが

今や米国に伝染したようである。

 

大統領、上院が民主党、下院が共和党とねじれているが、オバマ政権二期目の中間選挙を

来年に控え、共和党内でもティーパ-ティーなど保守派と穏健派とに分裂し複雑化している。

 

シリアへの派兵が覆り、次期FRB議長候補のサマーズ氏が異例の辞退をしたり、

さらには10月の新会計年度に入り一部政府業務が停止したり。

 

さらには10月17日までに債務上限が引き上げされなければ、

デフォルト発生の可能性が高まり、大統領と下院の駆け引きは続く。

 

お蔭で大統領はAPECに出席できず、アジア外交で中国に後れを取ったりと

オバマ大統領のリーダーシップがぐらつく事態に発展している。

 

債務上限については、とりあえず短期間だけの条件付きで妥協するとの

シナリオで一段落する可能性も見えてきたようだ。

 

最悪は、米国債の利息が払われないこととなるが、その場合は

世界の金融市場が未曾有の混乱に陥る。

 

まさかとは思うものの、近頃の世界経済は5年に1度は金融恐慌が起きている。

リーマンショックから5年、そろそろ何が起きても驚かないように

心の準備だけはしておかねばならないと言うことか。

 
斉藤洋二

ネクスト経済研究所 NO113

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」