ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

G20

2013.04.21 06:35

19日、ワシントンで行われていた主要20か国・地域財務相・中欧銀行総裁会議

(G20)が閉幕した。

 

今回は日本が進める新しい金融緩和政策について、円安誘導との批判が高まる

懸念があったが、「金融政策は為替変動を目的としない」との日本の主張が一定の理解を得た。

 

ただ、このところ経済が失速し始めているブラジルなどの新興国からは、

先進国の金融緩和によるマネーが国内へ流入することへの波及効果や

将来的な逆流現象の発生などについての懸念も強い。

 

IMFは2013年世界経済見通しで、実質経済成長率を3.3%へと下方修正するなど

世界経済の減速感が強く、特に欧州における経済成長の停滞が目立つ中で、

財政規律を堅持するドイツと財政出動を主張する米国および新興国とのせめぎ合いが強まっている。

 

但し、かつて世界経済のシェアが高かった頃のG5,G7には決定力があったが、

参加国が20か国にも達するこの会議で物事を決めることは難しい事をあらためて感じさせた。

 
ネクスト経済研究所

斉藤洋二 NO105

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度スタート

2013.04.01 20:07

本日より平成25年度がスタートする。

 

平成24年度は、円高、株安でデフレ圧力が強く、欧州不安により

夏場にかけては円高圧力が高まり、株価も8千円台で低迷した。

 

しかし、11月の衆院解散を機に反転して、結局12、500円水準、

また為替も(対ドル)94円台と円安へ動いて越年した。

 

 

平成25年度は、日銀の「異次元緩和」を期待して、更なる円安、株高への期待が高まる。

年内には、15、000円、いやさらにはそれ以上との声も強まる。

 

株価上昇を受け、地価上昇、さらにはゴルフ場会員券も上昇と

国内では、強気の声が日増しに強まる。

 

果たしてどうか。実体経済の回復を確認するにはしばらく時間を要するだろう。

また、期待が先行しているだけに、懐疑的にならざるをえぬところでもある。

 

南欧の債務問題など海外の不安材料もあり、また円高、株安へと転じるかもしれない。

ともかく波乱の一年が始まった。

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

NO.104

 

 

 

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」