ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2012年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

財政の崖

2012.09.24 08:16
米国大統領選挙まで40日を切った。
世論調査ではこれまで互角に推移してきたが、ここに来てやや
オバマ大統領がロムニー候補をリードする形勢となっている。
ロムニー候補は経済の専門家との触れ込みながらも、ヒスパニック系など
貧困層への差別的発言が目立つ事が支持率後退の背景にある。
選挙の結果はともかく、問題は選挙後。
米国は2013年初より、減税措置の失効と強制的な歳出削減が重なる
「財政の崖」に直面する。
経済的な衝撃から米経済は再び景気後退に陥る可能性がある。
13年には、GDPは0.5%減少し、景気はスパイラル的に悪化すると予想されている。
「財政の崖」への転落を回避する為に、議会では大幅な財政削減について
解決に向け議論される必要があるが目下その決着は見通せない。
今年末までに大型の財政赤字削減策で合意できない場合には
米国の信用はひどく傷つく事は必至で格付け引き下げ懸念もささやかれる。
一方で、強制的な財政削減により10年単位で見れば
大きく財政赤字が改善するとの見方もある。
ともかく欧州、日本も同様で、米国においても
「財政規律」は重い課題であり、その改善は難しい。
「財政の崖」への転落と言った荒っぽい対応が
案外米国にとってメリットが大きいかも知れない。

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

NO.82

 

 

 

 

 

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」