ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

株価推移

2012.01.26 06:27

米国の株式市場が好調。

 

NYダウは、12,700ドル水準とリーマンショック以降の

最高値での推移となっている。

 

米国の経済については、成長率は2%を割り込んでおり

目玉となる成長企業が存在する訳ではない。

 

ただ過去2度に亘る量的緩和策により、潤沢なマネーが

株式市場に流入し株価の回復をもたらしている。

 

当面の景気打開策にQE3(量的緩和の第3段)がFRBに対して

督促されているのが実情であり、今後の更なる株価上昇は疑問。

 

一方日本。

日経平均は最近少し回復したが、8800円水準と低迷。

 

過去3年の推移で見れば、主要24市場で最低のレコード。

リーマンショック前の水準から30%も下落したまま。

 

日本経済は米国同様、低成長。

何よりもデフレ圧力にお金が回らず、外国人投資家も含めて、

株式市場からの資金流出が止まらない。

 

 

かつては、米国の株価と日本の株価は絶対水準で

競り合っていたが、今は1万2千台VS8千台。

 

日本株価が米国株価に追いつくには、デフレ克服または

成長産業の登場。どちらも至難の業。

米国の背中がますます遠くなる。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

風の章 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」