ネクスト経済研究所|国内外の経済・政治・社会の方向性を洞察

カテゴリー

カレンダー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

オリンパス

2011.11.10 00:27

オリンパスに1000億円規模の損失隠蔽が発覚した。

 

90年代後半、「飛ばし」などによる粉飾決算で山一証券が破綻したが、

それを彷彿させる事件だ。

 

この間、時価会計制度に変更され、企業統治についても意識改革がなされたはずだったが。

 

今頃になって、20年前も遡るかもしれない損失隠しが出てくるとは。

3代に亘る企業トップが絡んでいた可能性も示唆されている。

 

3年前の英国子会社の買収にあたり、総額600億円以上の助言手数料の支払い。

その不自然さから言っても、会社ぐるみでやって来た、と思わざるを得ない。

取締役、監査役は全く機能していなかったようだ。。

 

監査人も数年前に、KPMG-あずさから、Ernst&Youngー新日本へ移行

した経緯も不自然。

 

 

現社長は「昨日知った」などと発言。

しらじらしく聞こえるが、関係者数人を処分して幕引きを図っているようだ。

 

ガバナンスは如何になされていたのかが、詳らかにされるのを望むのは

国内外を問わず、投資家始め皆が望むところである。

 

自浄作用を、期待するのは難しいかもしれない。

とすれば、特捜、FBIなどの司法当局に任せるしかないのだろう。

 

日本の証券市場の発展の為にも、是非真実を明らかにしてほしい。

 

 

ネクスト経済研究所

斉藤 洋二

山の章 4

コメント・ピンバック:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのTOPへ

ネクスト経済研究所ブログ「風の便り」